第4回就活講座ー本当の自己分析の目的ー

みなさん、こんにちは!
「めれ」です。

今回は就活をはじめると必ず遭遇する
自己分析について解説します。
なにをどこまでやればよいのか明確にしていきます。

自己分析とは?

最初に自己分析とはなんなのかについて
考えていきます。
就活を始めると必ず聞く言葉ですよね。
自己分析とは、”自分の過去を振り返り
価値観や性格特性を見つけ出すこと”
なんて説明をよくされるはずです。
特に「性格特性は今まで生きてきて培われたもの
だから変わりずらい」「それを軸に企業選びを
しなさい」と言われた経験はありませんか?
これらの説明は、自己分析の目的を
”価値観の相違によるミスマッチを防ぐこと”
としています。企業側からしてみれば、
辞められることのデメリットが大きすぎるため
当然のことです。

ですが私は、自己分析の目的は別にあると考えています。
自己分析の目的は、”今ある自分の武器を正確に
認識すること”だと思います。
なぜなら自分の能力を伸ばすという観点でみたとき、
企業に入り足りない部分を補っていくからです。
足りない部分という考えかたは別な講座でお伝えします。
今自分に”何ができるのか””どんな考え方ができるのか”
を知ることが自己分析なのです。

自己分析は本当に必要?

自己分析の目的は理解してもらえたと思います。
それでは自己分析は本当に必要なのでしょうか。
私は就活現場で人事担当者が言っているほど
重要でも大層なものでもないと思います。
やるべきですが、最低限で問題ありません
それよりも重要なことは山ほどあります。

しっかりと理由を述べさせてもらうなら
自己分析は就活を前に進めてはいないからです。
その場で足踏みして地固めをしているイメージですね。
さらに厄介なことに自己分析は明確な終わりがありません
やろうとすれば無限にできてしまうのです。
そうであるなら、最低限に済ませ他にやるべきことに
取り組んだほうが非常に有益であるといえるでしょう。

自己分析のやり方

それでは自己分析のやり方の解説を
していきましょう。
目的は”自分の武器の確認”です。
ここで3つの要素で武器はなにか考えます。

ひとつ目は、”スキル”です。
ここでいう”スキル”とは自分が実際にできることです。
例としては、「この言語でプログラミングができる」
「英語でコミュニケーションをとることができる」
「物事をわかりやすく伝えることができる」など
どんなことでもよいのでできることを探しましょう。
また、思いついたことでできないことも
メモしておくとよいです。

スポンサードリンク

ふたつ目は、”思考プロセス”です。
その”結論をだすのに、どのような考え方を
したのか”というものですね。
ここではそれに加え、”物事に遭遇したときに
どう感じたのか”も含めて考えましょう。
なぜそう結論を出したのか」「なぜそう感じたのか」
を書き出してみてください。
その思考プロセスが武器になります。

みっつ目は、”好み”です。
ここでの”好み”は、好き・嫌いより
向き・不向きという意味合いが強いかもしれません。
例えば、「細かい作業が好き」
「中で座っているより、外で体を動かしていたい」
「人と関わるより、1人が好き」など
どんなことでもよいです。
自分の行動・性格の好みを書き出してみましょう。

以上3要素にそって自分の武器を見つけ出してみましょう。
見つけた武器には、それの根拠や付随する出来事、
エピソードがあるはずです。
それも同時に書きいれていきましょう。
どんなに些細な事、くだらないと感じることでも
立派な武器になります。
しっかりと書き出してみることが大切です。

これは好みの問題ですが、大き目の白紙のコピー用紙に
ボールペンで書くのがおすすめです。
自由なレイアウトで書けますし、消せないのは
大きなメリットです。

自己分析はどこまでやればいい?

自己分析をどれくらいやればよいかについて
解説します。
あくまで武器の確認ですので私は
「自分がこのくらいでいっか」と思える
ラインまでやれていれば個人の自由でよい
というのが本音です。
そのやめるラインにきちんと理由付けができれば
それも一つの”思考プロセス”の武器として使えます。
ですが明確化すると発言した以上、しっかりと
具体的にしたいと思います。

”スキル”のうちできること1、できないこと1、
”思考プロセス”2、
”好み”1の合計5以上武器が見つかっていれば
最低限就職活動を乗り切れると思います。
理由としては、”スキル”については
自分の長所とこれからやりたいことにつながります。
”思考プロセス”は、自分の思考の癖、判断基準を
探るには2種類のエピソードがあればOKです。
企業の考え方と合う、合わないの判断にも
つながります。
”好み”は、業種や職種、仕事内容の
判断に使えますが、前講座でお伝えしたように
そこがミスマッチの最大要因ではないため
1種類で問題ないと思います。

まとめ

今回は、自己分析について解説しました。
よく言われている考え方とは、違うため
別な見方ができるようになってもらえれば
うれしいです。
”スキル””思考プロセス””好み”の3観点で
武器探しをしてみてください。

次回とその次で、よく使われる3分析のうち
企業分析と業界分析を取り上げようかなと
考えています。

それではみなさん、またお会いしましょう!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA